幕府から目をつけられてながらも、加賀百万石を守った二代目藩主前田利常

加賀藩は、外様大名と言う立場であるにもかかわらず、御三家に準ずる高待遇を受けていました。幕府が一国一城令を発したのにもかかわらず、一国二城が認められるなど異例の扱いも受けていました。 しかし、そんな高待遇も幕府設立当初からでもなかったようで、やはり最初は幕府にも目をつけられていたようです。そんな藩の…