日露戦争勝利による日本の影響

1904年、日本とロシア帝国は、朝鮮と満州の支配権をめぐる対立から争いが起き、日露戦争に発展します。その主戦場は、朝鮮半島と満州南部、日本海にも及びました。 1905年9月5日にアメリカの仲介により日本とロシアは、ポーツマス条約を締結することで講和をします。この日露戦争で、日本は勝利をおさめ、この戦争での目的…