視覚表現に於ける意味や文脈、その経時的構造———

ちょっと御無沙汰だった「いつもの店」に出かけてきた。 そこで同業者の作品を肴に批評することを通して、これからの時代、視覚表現において何を目指すべきなのか探ってみた。 好例とも思うので、次の 2 種類の作品をざっと観察していただきたい。 lovingvincent.com www.mdn.co.jp 前者は、現代において…