すゝめないすゝめ

貧しければ貧しいほど、手の届かないものにあこがれる。 時より手の届きそうなところに現れる、まぼろしの高値の花に惑わされ 終には手を伸ばし奈落の底へと転落する。