さぐりさぐり、めぐりめぐり

砂漠の一本道を突き進むような、人間の森をかき分けるような、夜霧の海を切り裂くような、心の声にシンプルに従ってみたらその場所を目指してたんだ