#31 曇りなき眼で見定める

業務のカイゼン。 これは常日頃から考えるべきA領域の仕事です。 業務の効率化を進めて、時間を生み、そしてそれを子ども達へと還元する。 限られた時間と労力を投下するポイントを絞って、アウトプットを最大化する。 我々は作業の奴隷ではなく、授業という知的生産を担うクリエイターであるべき。 それには時間的、心的…