『SWANSONG』を読む 前夜(感想・レビュー)

なんだ、ただの文学か。現在の出版事情ではこうした物語を表に出すのは難しく、まさにアダルト・ノベルゲームだからこそ、実現できた作品といってよいのではないだろうか。それにしてもすさまじい力をもった物語であった。 オウムの事件は“物語”という天災がひき起こした変事であったが、本作もそれに近く、非人道的な物語…