テトラミド錠(ミアンセリン)の効果・特徴【医師が教える抗うつ剤の全て】

テトラミド(一般名ミアンセリン)は1983年に発売された抗うつ剤で、四環系という古いタイプの抗うつ剤に属します。現在はSSRI/SNRIやNassaなどといった新しい抗うつ剤が使われることが多いため、テトラミドなどの四環系抗うつ剤が使われる