『母親』の呪縛に苦しむと言うそのストーリーはなかなか理解できないだろうが、でも苦しんでいる人はいる。だから、母親のせいにするなんてと正義を振りかざすのはで苦しんでいる人を抹殺すること。正義は時に人を大きく傷つける。

◆「母」がいちばん危ない母親との関係で悩んでいる娘はとても多い。大抵そんな娘は、反抗もせずに良い子を続けてきた。だから、いつま親のせいにしているんだ…と自分を責めることも多いのだ。出来ないから苦しんでいる。1番自分が自分をさばいている。もがいている。そんな苦しんでいる人に対して『いつまで親のせいにして…