ナノテクノロジーの奇妙なオカルト的起源

ナノテクノロジーについての歴史が書かれる際には、遡及的に、物理学者リチャード・ファインマンによる1959年の講演『底にはたっぷり空きがある』から始められる場合が多いようです。 けれども、概念としてのナノテクノロジーの起源はもう少し以前にまで遡り、またそこには極めて奇妙な系譜が存在しています。歴史学者・文…