それは一人の男の一生というにはあまりに永く、あまりに悲壮なものだった。「ローガン」

ありがとう、ヒュー・ジャックマン。お疲れさま、ローガン。