実録、不登校少年のフィリピン留学初日 ヒロ

お久しぶりでございます。 充分お休みをいただきました、僕です。 その間にも、スタッフたちの手はとまってはいません。 昨日、アメリカンボーイこと天才少年君がおいらの卒業した高校に入学したのです。 とてもめでたいことですわ。 スタッフたちは、いつ連絡が入っても、すぐに彼のいる教室に飛んでいけるようにと近くの…