「いのちの食べ方」を観ました

いのちの食べ方(2005) 大量生産される野菜や食肉の現場を、解説も音楽も無しで淡々と映し出したドキュメンタリーです。 作物生産についても食肉生産についても言えるのは、どちらも自動化され機械化されているということ。機械的な作業といのちの生育は相反するイメージだけれど、現代社会に暮らす私たちの多くが、そう…