可もなく不可もなく生きてきた僕は | ソノゴノ日記

ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。