「甘えの構造」を読む(2)

こんにちは。 引き続き、「甘えの構造」(土居 健郎著)についての覚え書き(2)です。