2012-08-23

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論