高校生男子に読んでほしい恋愛小説『キスまでの距離』

「まだだよ!」 思わず椅子を後ろに倒して立ち上がると、僕は大声で叫んだ。 「まだキスだけだよっ!」 高校3年になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で…