トーマの心臓という傑作

今週のお題 好きな漫画といえば、頭に浮かぶのは萩尾望都先生の「トーマの心臓」。 私が初めてこれを読んだのは、小学4年生で学校を風邪で休んでいる時。母が面白いから読んでみなさいと手渡されたのが「トーマの心臓」なのでした。今思えば、母よ、小学校4年生の私になんて本を手渡しているのだと思うのです。渡すの早す…