我思う、ゆえに我あり。 なぜ自分は自分でしかなく、他人ではないのだろう

科学的なコトバで記述された世界像が、事象の真理を表しているわけではない。確かに予測や制御を可能にするという観点からすれば、妥当な世界像かもしれない。しかし、そこには人の心的な、あるいは認識的な側面が抜け落ちている。これは例えば戦争をゲームのコトバで記述するのと同じことだ。 コトバが指示している何かは…