若田部昌澄の人と仕事

この草稿は、石橋湛山賞を若田部昌澄さんが受賞したのを機会に『自由思想』という雑誌に書いたものです。以前、その一部をブログでも掲載しましたが、今回は日銀副総裁就任を機会にして、草稿全文を掲載します。これ以後の評価については人柄への信頼は変わらないどころか増えるだけです。もっとも個人的に信頼できるリフ…