【2017年度版】Amazonで購入可能なマイニング向けライザーケーブル・マザーボード一覧 | デジモノ達人

今回の記事は2016年に書いた『Ethereumの発掘効率の良いマザーボードの選び方』の2017年度版になります。 一般的なマザーボードはPCIe端子(x1~x16)が2~3個付いているのが多いです。 しかし、中にはPCIe端子が5~6個ついており、グラボを5~6枚接続可能なマザーボードもあります。 今回はそんなマイニング向けのマザーボ…