『斜陽』で描かれる恋と革命──太宰治が「革命」に抱いていた思いとは | NHKテキストビュー

太宰治の『斜陽』の主人公・かず子は敗戦後に没落貴族となり、それまで無縁だった畑仕事や力仕事をせざるを得ない状況に追い込まれる。この境遇の変化は、かず子を他人の言いなりだった「人形」から、自分のことを自分で決める「人間」へと変えていった...