悪戯短篇小説「注文の多い料理店にいる記憶力の悪いウェイトレス」

休日の朝、のっそりと起き出して「中身の乏しい冷蔵庫」を確認した「思い込みの激しい悦郎」は、とりあえず遅めの朝食をとるため、駅の向こうにある「注文の多い料理店」の「シェフの気まぐれが激しいランチ」をいただきに向かうことにした。しかしいざ「遮断機の鋭利な踏切」を渡り、「注文の多い料理店」があるはずの一…