ADHD(注意欠如・多動症)の診断 -医師が教える子供と大人のADHD-

これまで子供の病気としての特徴の強かったADHD(注意欠如・多動症)ですが、アメリカ精神医学会が刊行する診断マニュアル「DSM-5」において少し変化が加えられ大人のADHDに対応するようになりました。ここではADHDの診断について解説します。