イライラするのは人格障害!? ADHD(注意欠如多動症)の症状について

ADHDは不注意・多動性・衝動性を3大症状とする疾患で、最近では症状は大人になっても持ち越すために、社会生活において支障をきたすようになります。また二次的に気分障害(双極性障害を除く)、不安、依存症をきたしやすくADHDの基本症状を超えた症状をしばしばみかけます。