小切手・手形は時代遅れです

 小切手や手形(受取手形・支払手形)は、代金決済の近代的方法として長い間商取引のスタンダードでした。小切手は金額や所定の事項を記載したもので、受け取った者は銀行を通して現金に換えます。現金より安全な決済手段ですが、銀行で現金にするまで時間がかかる難点がありました。  約束手形はさらに現金化の期日を指…