グラフで見る非婚化の構図

ローレンス・サマーズが2005年にハーバード大学総長を辞任に追い込まれたのは、「数学や物理のトップクラスには女が少ない」という発言を、「女は男に劣る→性差別」と攻撃されたためです。サマーズを攻撃した人々は、サマーズが数学・物理の能力分布を下のグラフのようにイメージしている、と考えたわけです。 しかし、サ…