社会を破壊する「頭のいい」人たち

何らかの政策を行う必要が生じた際に、得てして障害になるのが「頭のいい」人たちです。「頭のいい」人たちには、普通の人には思いも寄らないことを信じ込む能力があるためです。 たとえば、イデオロギー色の無い普通の人は、「子供の頃から訓練していれば、自分もトップレベルのスポーツ選手、あるいはピカソやモーツァル…