QQEの破綻が示すデフレ不況の真犯人

総務省から昨年12月の消費者物価指数が発表されました。 2%のインフレ目標には程遠い状況が続いています。 2013-14年の一時的上昇は輸入インフレ(←円安)によるもので、国内のインフレには点火しませんでした。