膣に異物を挿入するべからず。~やっぱりディルド、100回挿れてもだいじょーぶ!~

世の中には沢山の棒がある。多くの女性器にとって初めての「棒」は、自身の指では無いだろうか。しかし、指では自分の快感スイッチを押すのには短すぎる。向上心と好奇心のある人は、身近にある大きめな棒、ボールペンや電動歯ブラシの持ち手などを手に取るようになるだろう。