” 千載具眼の徒を待つ ”

おこしやす つらら庵 ♪ ” 千載具眼の徒を待つ ” 「計り知れないほど長い間待てば、見る目の有る者も現れるだろう。」 江戸時代の日本画家伊藤若冲はどんな思いでこの言葉を遺したのでしょう。 先に開かれた若冲の展覧会が大好評で迎えられ、連日長蛇の列を作ったのはまだ記憶に新しい。 引用:http://edo-g.com/i…