第22号:モンテレッジョ・・・いにしえの本の行商人たち「十二章のイタリア」

今年7月に出版された内田洋子さんの「十二章のイタリア」を読む。 ミラノに在住していた須賀敦子さんが亡くなられてだいぶ経つ。私はオンタイムで須賀さんを読んでいたわけではないけれど、須賀さんが書いていたイタリアの日常を映す文章は、なんとなく私の中で「イタリア通信」のような意味合いを持っていた。須賀さんの…