「憐れみ」とは何か? 『ゲンロン0』を読んで

最近、3冊の現代思想の書籍がほぼ同時期に発売され話題を集めている。東浩紀の『ゲンロン0―観光客の哲学』、國分弘一郎の『中動態の世界―意志と責任の考古学』、千葉雅也の『勉強の哲学―来たるべきバカのために』の3冊だ。 ここでは、主に東浩紀の『ゲンロン0』に焦点を当てて、僕が考えたことを書いてみたい。 ◇観光客の…