今日までの道のり②

社会人2年目。 朝から晩まで仕事をしていても なにも苦痛じゃないくらい 感覚がマヒしていた 休みの日も、 動く気力がわかなくて 1日中ベットの上でぐったりして 気づいたら夜になっているような、 まるで廃人のような生活をしていた それでも不思議と仕事を 辞めたいとは思っていなかった たまの休みに、学生時代の友人と…