作品紹介002 評価A ドラゴンキラー

小説家になろうでも珍しいタイプの作品。かつて畏れと尊敬のまなざしを向けられていた「対ドラゴン生体兵器」が主人公