死刑がダメな理由は、フランス革命期の死刑執行人がすべて見抜いていた

■ あいまいな内田樹氏の死刑論 麻原彰晃(松本智津夫)をはじめとするオウム真理教事件関係者7人の同日処刑という衝撃の事態を受けて、多くの人が死刑制度の是非について自説を語っている。 たとえば、思想家・内田樹氏は次のように書いている[1]。 (略)死刑については、いくつものレベルの問題があり、軽々に適否を論…