中国の庇護の下、独裁制に転落するカンボジア

クメール・ルージュの元司令官であるカンボジアのフン・セン首相が独立系新聞を廃刊に追い込み、最大野党の党首逮捕に踏み切るなど不穏な動きをしている。多大な中国の投資で属国と化したカンボジアだが、第二、第三のカンボジアは阻止しなくてはいけない。