そうだ日払い的なバイト、しよう。(専門ライターになるために必要な記事数と低単価で悩むジレンマ)

引用:写真AC 某鉄道会社のキャッチコピーを模してみましたが、まったくカッコよくありません。 やはり大切なのは中身ということですね。 ライターを始めて約3カ月になろうとしています。毎日毎日のらりくらりと家でしこしこパソコンに向かって記事を書いておりました。最低でも1日2記事くらいは書いていましたかね。 友達…