河野通和が、19歳の人たちに読んでほしい30冊の本を選びました。

先日、「19歳になったら。」というほぼ日の19周年を記念する特別講義が行われました。講師を務めた河野通和は、集まった受講生のために「19歳の人たちに読んでほしい本」を30冊選び、ひとりひとりにプレゼントしました。1日1冊、河野のコメントつきで紹介します。