住野よる「君の膵臓をたべたい」はタイトル負けしない、中身の伴った青春小説だった

最近話題のこの「君の膵臓をたべたい」。タイトルの印象がバツグンですよね。 実際わたしも読むまでは猟奇的なのか、グロなのかスリラーなのか。そんなイメージでしたもん。 でも読んでみるといいですねーこれ、青春。Cali≠gariの依存という名の病気を治療する病院を思い出しましたよなんとなく。 以下感想です、ばっさり…