「黄不動」腹にミニ黄不動がいた 国宝仏画、儀式の跡か:朝日新聞デジタル

 京都市左京区の曼殊院(まんしゅいん)が所蔵する国宝の仏画「不動明王像(黄不動)」(12世紀)から、描く際に「御衣絹加持(みそぎぬかじ)」と呼ばれる儀式を行った痕跡が見つかった。京都国立博物館(京博)…