【書評】明治維新という過ち-日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

416P 著者 原田伊織 読みやすさ ★★★★ 司馬史観ということばがあるように、幕末の動乱から明治維新にかけての日本人の認識は著しく司馬遼太郎の影響を受けています。僕も初めて通読した小説が「龍馬がゆく」というわかりやすい司馬ファンです。 大河ドラマやスペシャルドラマとして氏の小説は何度も原作として使われている…