仮想通貨NEO(ネオ)用途が広がる、2018年ICOのプラットフォームとして次々と利用されることになります。

かにたまです。 中国版のイーサリアムとして有名な仮想通貨NEOが2018年に入り大きく飛躍しています。流石にこの伸びは何かあるぞということでNEOに何が起こっているのか現状を調べてみました。