アイリーン・チャン短編集『ラスト、コーション』◇中国戦中派女子文学、新感覚派(?)

「かかってきなさい!」 などというセリフはございません。 なにが度肝を抜くかって、 ひたすらタン・ウェイの脱ぎっぷりばかりに眼が言ってしまう映画『ラスト、コーション』ですが、原作の短編小説はあっさりとした中にもキラリというかギラリと光るおっしゃれ~な女子文学でした。