学会報告2012年度 Work-Fam ジェンダー・格差センシティブな働き方と生活の調和 キャリア形成と家庭・地域・社会活動が可能な働き方の設計

労働経済学と社会学、発達心理学、法学、ジェンダー研究という学際的な枠組みの中で、女性の担ってきた活動を明示的に提示し、雇用システムとどう整合がとれるかを考え、仕事中心の男性のライフスタイル及び家庭中心の女性のライフスタイルの格差を是正するために必要なことを考えるのがこのプロジェクトの目的です。