拝啓、空の彼方のあなたへ 

あなたへ あの夏にあなたを置いたまま、 もうすぐ2年が経ちます。 長かったのか、短かったのか、 早かったのか、「やっと」なのか よく分からないけど、もうすぐ、 節目を迎えます。 あなたの最後の記憶のあの子は、 私たち3人の中で1番小さかったけれど、 今は、私の身長を越し、 もうすぐで、あなたの身長に届きそうで…