【森博嗣】『すべてがFになる』の感想を好き勝手に語る【ネタバレあり】

『すべてがFになる』は森博嗣のデビュー作にして最高傑作と名高い作品だ。 だれが犯人なのか?どんなトリックを使っているのか?ミステリーでは欠かせない要素に対する解答も素晴らしいし、謎めいたタイトルに秘められた意味が分かったときの衝撃といったら他にない。 さて、感想はネタバレありなのでご注意を。未読の方は…