人生の無常を感じる、あだしの

嵐山花灯路レポート 最終節 私は学生時代、国語が苦手であった。 お前は日本人かとみんなの前で罵倒されたこともある。 それまでに、いろいろ伏線はあったのだが・・ よく国語の先生には怒られた。 その先生はコウロギというあだ名を持っていた。 自分でも、自己紹介で使っていた。 なぜ、コオロギか・・ それは、彼の声を…