父親と30年振りに手をつなぐことになった話

自分の父親と最後に手をつないだのはいつだろうか?僕は父親として娘の手を握る。無邪気なお姫様は好奇心が旺盛でどこに行ってしまうか分からない。そんな風に大人の都合で娘と手を繋いでいた僕が、30年振りに自分の親父と手を繋ぐ機会があった。その時の思いを綴ろうと思う。