やらし〜い気持ちで古本屋でバイトしようと計画するもおばちゃんの一言で見事パーになった話

ぼくは無職のひきこもりだ。こうやって文章を書いたり、他にちょっとした作業をやっているが社会的に見ればニートに分類されるだろう。就職する気もない。でも、最近すぐ使えるお金が欲しくなってきた。だからバイトしたいと思ってる。 ぼくにはバイト先として狙っている「古本屋」がある。 ぼくが狙っている"古本屋"の特…